コンテンツにスキップする

「有能な」イエレン氏、引き続き次期FRB議長候補の1人-財務長官

  • 「多くの優れた人材がいる」ともムニューシン長官はコメント
  • コーンNEC委員長が依然として候補の1人かは論評避ける
イエレン氏

イエレン氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
イエレン氏
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

ムニューシン米財務長官は12日、来年2月が任期満了のイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長について、次期議長候補の1人としてトランプ大統領が続投させることを検討中だと語った。

  ムニューシン長官は「この問題で大統領と緊密に取り組んでいる。大統領はまだ何らの決断も下しておらず、検討中の案件の一つだ」と述べるとともに、イエレン氏続投の可能性はあるかとの質問には、「多くの優れた人材がいる」と答えた。

  ニューヨークでCNBCとインスティチューショナル・インベスターが開いたデリバリング・アルファ・コンファレンスでインタビューに応じた長官は、イエレン氏が「極めて有能であるのは明らかで検討対象だが、われわれが面談したり検討したりしている優れた人々は多数いる」と説明した。

  ブルームバーグは先週、ホワイトハウスが次期FRB議長候補に少なくとも6人を検討していると報じた。

  7月17日にトランプ大統領の長女イバンカ補佐官との1時間の朝食会に臨んだイエレン氏は、自身の将来についてコメントを控えている。大統領は同月25日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、イエレン氏が候補であるのは「間違いない」と話していた。

  トランプ大統領はまた、国家経済会議(NEC)のコーン委員長も次期議長候補の1人だと述べていた。その後、バージニア州シャーロッツビルで起きた暴力事件を巡る大統領の発言をコーン氏が公に批判したことを受け、同氏起用の展望には陰りが生じている。

  ムニューシン長官は「プロセスの機密保持を尊重し、大統領が検討している特定の人々を巡ってコメントするつもりはない」と、コーン氏が候補であるか論評を避けた。

原題:‘Talented’ Yellen in Running to Remain Fed Chair, Mnuchin Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE