コーンNEC委員長辞任なら「ひどい痛手に」-資産家レイ・ダリオ氏

資産家レイ・ダリオ氏

Bloomberg

ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツを率いる資産家のレイ・ダリオ氏は12日、ホワイトハウスのコーン国家経済会議(NEC)委員長がトランプ政権を離れれば、米国と市場にとって「ひどい痛手」となるだろうと語った。

  ダリオ氏はCNBC・インスティチューショナル・インベスター・デリバリング・アルファ・コンファレンスで、コーン氏が辞任すれば「経済改革の将来の進展を損なう」とともに、政権が有能な人材を重要ポストに登用する上で「困難な事態にもなるだろう」と語った。

  ゴールドマン・サックス・グループ前社長のコーン氏は連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長への起用も検討されてきた。しかし、バージニア州シャーロッツビルで起きた暴力事件を巡るトランプ大統領の発言を公に批判したことを受け、こうした展望に対する陰りが濃くなっている。

原題:Dalio Says Cohn Leaving Administration Would Be ‘Terrible’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE