NY外為:円続落で110円台、ドル小高い-北朝鮮巡る緊張が後退

更新日時
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

12日のニューヨーク外国為替市場では円が続落。北朝鮮を巡る緊張の後退を受け、対ドルではここ1週間余りで初めて110円台に円安が進んだ。モデル主導のファンドやその他短期筋があらためて円ショート(売り持ち)を構築したことが背景。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上昇。ドルは対円で0.7%上昇して1ドル=110円17銭。対ユーロでは0.1%安の1ユーロ=1.1967ドル。

  ドルはリスク選好の戻りや予想を上回る経済指標、金利見通しの変化などに支えられた。一方、8月に英国のインフレが予想以上に加速したことを受けてポンドは大きく値上がりし、米国時間後半には年初来高値近辺で取引された。

  円は主要10通貨の全てに対し値下がりした。ドルに対しては不安定な値動きながらも徐々に下げ幅を拡大した。対円でのドルは9月1日につけた高値の110円47銭がテクニカル面の上値抵抗線となる可能性がある。

  国連安全保障理事会は前日、全会一致で北朝鮮制裁強化決議を採択した。北朝鮮の神経をさらに逆なでする恐れのある決断だが、米国が提案したほど厳しい内容とはならなかった。

  米経済指標では、労働省が朝方発表した7月の米求人件数が予想外に増加し、過去最高の617万件となった。

欧州時間の取引

  ポンドが主要10通貨の全てに対し上昇し、対ドルでは約1%上昇と、7月以来の大幅な値上がりとなった。8月の英インフレが予想を上回る加速を示したことが手掛かり。英中銀がよりタカ派的な姿勢に転じた場合、ポンドは2016年9月につけた高値の1.3445ドル近辺が抵抗水準になる可能性がある。

  ポンドはユーロに対しても1%余り上げる場面があった。

原題:Yen Down for Second Day, Dollar Steady as N. Korea Tensions Ease(抜粋)
USD Up for Second Day; EUR/USD Near Session Low, JPY Down(抜粋)
Dollar Up for 2nd Day as Pound Hits 2017 High on Inflation Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE