中国経済は勢い維持へ、レバレッジ比率が「いくらか低下」-李首相

中国の李克強首相は12日、同国経済が勢いを維持するとの見通しを示すとともに、当局が金融リスク抑制の取り組みを進める中でレバレッジ比率が「いくらか低下した」と述べた。

  北京で開かれた貿易や金融、経済成長に関する円卓会議後、李首相は余剰生産能力の削減は期待以上で、成長の新たなけん引役が古い産業に取って代わるペースが速まっていると語った。円卓会議にはラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事ら参加した。  

李首相とラガルドIMF専務理事(12日)

写真家:Wang Zhao / AFP via Getty Images

  ラガルド専務理事は、中国は金融リスク抑制で極めて重要な努力を行っているとし、工業からサービス業とテクノロジーへの移行という経済の「信じ難いほどのリバランス」にも言及。中期的なリスクが高まる一方で、目先のリスクは後退しつつあると話した。

原題:Li Upbeat on China Economy as Lagarde Cites Push to Curb Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE