元ドイツ銀サブプライムトレーダーを米政府が提訴-銀行の次は個人

ドイツ銀行のサブプライムローン証券トレーディング責任者だったポール・マンジョーネ氏を米政府が民事提訴した。

  米司法省は11日にブルックリンの裁判所に提訴。マンジョーネ氏が14億ドル(約1530億円)相当の住宅ローン担保証券で、その裏付けとされたローン債権の質について投資家を欺き、数億ドルの損失を負わせたと主張した。

  司法省が問題にしているのは主に2007年に販売された証券。当局は金融危機の原因となった住宅ローン証券販売を巡り世界の銀行から数百億ドルを取り立てた。ドイツ銀も1月に、合計72億ドルを支払い決着させることで米当局と合意。同問題での調査が続いている銀行はHSBCホールディングスやロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)など残り数行となり、当局は個人の摘発に乗り出している。

  マンジョーネ氏は原告側の主張を「きっぱりと否定」すると、代理人のパトリック・スミス弁護士が述べた。ドイツ銀は訴訟についてコメントを控えた。

原題:Ex-Deutsche Bank Trader Sued by U.S. Over Crisis-Era Bonds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE