仮想通貨ビットコインの信奉者は中国による使用規制強化をよそに、熱意を失っていない。

  ビットコインの初期の投資家の1人で、提唱活動からビットコイン救世主として知られるロジャー・バー氏は電子メールで、「世界のどこかに取引所がある限り、ビットコインは世界中で役立つ」と述べ、「一部の取引所が閉鎖されることはあまり重要ではないと思う」と付け加えた。

  ブルームバーグ・ニュースの11日の報道によると、中国はビットコインなど仮想通貨の国内取引所での取引を違法とする計画だ。先週はイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を違法としたばかりで、1500億ドル(約16兆円)規模の仮想通貨市場に新たな打撃となる。事情に詳しい複数の関係者によれば、禁止対象は取引所での仮想通貨の取引のみで、店頭取引を停止する計画はない。中国人民銀行(中央銀行)は現時点でコメントできないとしている。

  中国が厳格な対応を取ると誰もが確信しているわけではない。ビットコイン利用促進を提唱する非営利団体ビットコイン・ファンデーションのブロック・ピアス会長は、中国政府が不正の一掃や資本の国外流出防止のためにICOの登録プロセスを確立すれば、取引所は再開される可能性が高いと予想。「中国だけだ。1つの市場だけだ」と付け加えた。

原題:Bitcoin Diehards Undeterred as China Seeks to Tighten Controls(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE