トライアン・ファンド・マネジメントを率いる資産家ネルソン・ペルツ氏は11日、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の取締役の席を確保したら、確実に同社が「市場を攻略」するようにして、市場シェア拡大や比較的小さなブランドが大型ブランドに成長するのを支援する方針だと述べた。

  ペルツ氏は電話会議で、P&Gが市場シェア拡大に照準を定め直すことが最も重要だと語った。同氏はアマゾン・ドット・コムのアプローチを引き合いに出し、市場シェア拡大は1株利益を増やすことよりも重要だと述べた。

  ペルツ氏は「市場シェアは消費者向け市場で最も大切なことだ」と指摘。「市場シェアは、1株利益よりも大きなバロメーターになっており、アマゾンがその端的な例だ。誰もアマゾンの1株利益には注意を払わないが、同社の成長には注目している」と述べた。

  ブルームバーグが集計したデータによれば、トライアンはP&G株を約35億ドル(約3800億円)相当保有しており、P&G株主としては6位。P&Gは年次総会を10月10日に開く予定で、トライアンはペルツ氏をP&Gの取締役会に送り込むことを目指している。

原題:Trian’s Peltz Says P&G Needs to ‘Attack the Market’ Like Amazon(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE