NY外為:ドル反発、ハリケーン「イルマ」の脅威後退で

更新日時
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

11日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反発。ハリケーン「イルマ」が予想されたほど大きな被害を出さず、懸念されていた北朝鮮情勢の緊迫化もなかったことで、リスク選好の動きが広がった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.6%上昇。過去1カ月で最大の上げ幅で、上昇は8営業日ぶりだった。ドルは対円でじりじりと上げ幅を拡大し、1.4%高の1ドル=109円39銭。対ユーロでは0.7%高の1ユーロ=1.1954ドル。

  熱帯性暴風雨に勢力を弱めたイルマの影響を再評価する動きを受け、大半の通貨で出来高は少なめとなった。ドルの円に対する上昇は、前週末にハリケーン被害が過剰に見積もられる中での円買いの流れが反転した公算が大きい。

  米10年債相場が下落し利回りが2.13%台を突破したことや、S&P500種株価指数が4月以降で最大の上げとなり、終値ベースでの過去最高値を更新したことも、ドル高の背景となった。

  ドルは主要通貨の中で唯一、原油相場の持ち直しに支えられたカナダ・ドルに対して下落した。

  イルマの米経済と金融政策に与える影響に関しては、復興作業が今後の数四半期にかけて経済活動を押し上げる可能性が指摘されている。パンセオン・マクロエコノミクスのエコノミスト、イアン・シェファードソン氏は11日、結果的に、被害を受けた地域の労働市場がさらに逼迫(ひっぱく)する可能性があると、ブルームバーグ・ラジオのインタビューで指摘した。

欧州時間の取引

  ドルは欧州時間からユーロを含む主要通貨の大半に対して上昇。ユーロはドルに対し、前週末8日の日中高値である1ユーロ=1.2092ドルから下落幅を拡大した。

  欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事はこの日、ユーロの持続的な上昇は景気加速によって影響が相殺されなければインフレを抑えることになりかねないと警告した。

原題:Yen Drops Most in 8 Months as Fading Risks Fuel Dollar Rebound(抜粋)
Dollar Bounces Off Near 3-Year Low, Climbs vs Peers: Inside G-10(抜粋)
Stocks Advance With Dollar as Irma Threat Recedes: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE