中国、人民元高に警告-元売りフォワード取引の準備金預け入れ撤廃

  • 為替フォワード経由の外貨買い、準備金の預け入れ不要に
  • 11日の人民元は本土、オフショア両市場で下落

中国当局は、人民元売り・外貨買いの為替フォワード取引を手掛ける際に義務付けていた準備金の預け入れ要件を撤廃する。

  中国人民銀行(中央銀行)系の新聞、金融時報が通知を基に報じたところによると、金融機関は11日から為替フォワードを通じた顧客向けの外貨買いの際に資金を預ける必要がなくなる。中国当局は人民元の事実上の切り下げに伴う副次的な影響を抑えるため、2015年10月にこの規定を導入。利息ゼロで1年間、取引額の20%相当の準備金を預け入れることが銀行に義務付けられていた。人民銀は海外の金融機関が本土で預けている人民元を巡る準備金要件も廃止したと金融時報は報じた。

  11日の人民元は上海時間午後1時38分(日本時間同2時38分)現在、0.31%安の1ドル=6.5090元。香港市場では0.4%下落している。人民銀は電子メールで配布した資料で、傘下の金融研究所所長を引用して規定の変更を確認したが、具体的なタイミングには言及しなかった。

  スタンダードチャータードの張敬勤ストラテジスト(香港在勤)は「これは資本規制の緩和を巡る明らかに前向きなステップだ」と指摘。「最近の元高は急ピッチだったと論じることが可能だ。市場が今回の措置によるインパクトを消化するにつれ、今後の人民元は一方的な動きよりも目先はレンジ相場になりやすいかもしれない」と話した。

原題:China Sends Warning on Yuan Rally by Cutting Cost to Short (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE