ハリケーンの米成長抑制は限定的-Q4以降押し上げも

NOAA

ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストらによれば、ハリケーンは米経済に打撃を与えるが、それ以上の押し上げ効果も同時にもたらすことになりそうだ。

  ハリケーン「ハービー」がテキサス州を襲い、今度は「イルマ」がフロリダ州に上陸する事態となる中で、ゴールドマンは7-9月(第3四半期)の米国の国内総生産(GDP)成長率見通しを0.8ポイント引き下げ、1ポイントの押し下げもあり得ると予想した。ただ、向こう3四半期は消費や在庫、住宅、エネルギー関連の回復に伴う押し上げ効果を見込んでいる。

  ジャン・ハッチウス氏を中心とするエコノミストらは9日の顧客向けリポートで、「被害が大きい広域の自然災害は、経済活動の特に大幅な落ち込みだけでなく、その後の急激な回復も伴う」と指摘。今年7-9月の成長率は2%に鈍化するが、10-12月(第4四半期)には2.7%に加速し、同四半期と来年1-6月(上期)の累積で1ポイントの成長押し上げを予測した。

原題:Goldman Sees Hurricanes Curbing U.S. Growth, Only for a Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE