中国の華信、ロシア石油ロスネフチ株の14%強取得で合意-約9800億円

Shipping cranes stand on the harbor at the port beside the frozen River Ob in Nizhnevartovsk, Russia, on Sunday, March 19, 2017. Russia's largest oil field, Samotlor, so far past its prime that it now pumps almost 20 times more water than crude, could be on the verge of gushing profits again for Rosneft PJSC. Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

Shipping cranes stand on the harbor at the port beside the frozen River Ob in Nizhnevartovsk, Russia.

Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

中国の石油会社、中国華信能源はロシアの同業ロスネフチの株式14.16%を約90億ドル(約9800億円)で取得することで合意した。米中関係の緊張が高まる中、エネルギーや政治面でロシアとの結び付きを強める。

  華信はスイスのグレンコアとカタールの政府系ファンド、カタール投資庁の合弁会社が保有するロスネフチ株の大半を買い取る。グレンコアとカタール投資庁は昨年12月に同社の株式を取得したばかりだった。グレンコアは売却後もロスネフチ株の0.5%、カタール投資庁も4.7%の株式を保有する。華信は2002年に設立された企業で、エネルギー業界でもほとんど知られていない。

  ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーのピーター・グラウアー会長は、グレンコアで社外の上級非業務執行取締役を務めている。

原題:China Deepens Oil Ties With Russia in $9 Billion Rosneft Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE