北朝鮮、米国に「最大の苦痛与える」-安保理が制裁強化決議なら

更新日時
  • 米国は制裁強化を推進した「代価を支払う」ことになる-北朝鮮
  • 米国は11日、制裁強化で安保理決議採択を目指す

North Korean soldiers

Photo credit should read ED JONES/AFP/Getty Images

北朝鮮は11日、制裁強化の米国案を国連の安全保障理事会が決議すれば報復すると警告した。

  北朝鮮外務省は朝鮮中央通信(KCNA)を通じ、「米国の動向を警戒しながら注視している」との声明を発表。「米国が最終的に違法かつ不法な制裁強化『決議』をでっち上げた場合、朝鮮民主主義人民共和国は確実に米国に代価を支払わせる」と言明し、北朝鮮が「米国に実行する措置は、同国が史上味わったことのないような大きな痛みと苦しみを与えるだろう」と続けた。

  米国は制裁強化の安保理決議を11日に採択することを目指している。金正恩朝鮮労働党委員長は週末に、3日の核実験に貢献した科学者や技術者を招いて祝賀会を催した。北朝鮮はこの核爆弾は水爆だったと主張している。

North Korean leader Kim Jong-Un in this undated image released on Sept. 10.

Photographer: KCNA/AFP via Getty Images

  これに対し米国と韓国、日本は北朝鮮の石油輸入と繊維輸出、外国での北朝鮮出稼ぎ労働者の雇用の禁止、金委員長の資産凍結などを含む制裁強化を模索している。

  ロイター通信が11日、事情に詳しい関係者の話として報じたところによると、米国が起草した決議案は石油禁輸を削除し、代わりに北朝鮮への石油精製品の出荷を年200万バレルまで、原油輸出を現行水準までに制限する内容。金委員長をブラックリストに載せず、軍の管理下にある国営航空会社、高麗航空の資産凍結も目指さないという。

  幾分内容を緩めた決議案だが、中国とロシアは制裁強化の効果に疑義を呈しており、決議が採択されるかどうかは不透明だ。

原題:North Korea Warns U.S. of Retaliation for Tougher UN Sanctions(抜粋)
North Korea Warns U.S. of ‘Greatest Pain’ if Sanctions Pass (4)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE