中国人民銀、為替フォワードの準備金要件を事実上撤廃へ-関係者

  • 11日付で現行の20%からゼロに引き下げ
  • 人民元相場の上昇ペースを鈍化させる狙いか

The People's Bank Of China (PBOC) headquarters in Beijing, China.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国人民銀行(中央銀行)は、為替フォワード取引の準備金要件を事実上撤廃する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、人民元の上昇ペース鈍化につながる可能性がある。人民元相場のこの2週間の上げは、少なくとも過去10年間で最大だった。

  金融機関は顧客のために為替フォワードを通じてドルを買う際、該当する取引の20%に相当する額を準備金として積むよう義務付けられているが、同関係者によると、人民銀は11日付でこれをゼロにする。公に話す権限がないことを理由に匿名を条件に語った。通常の営業時間外に人民銀にファクスでコメントを求めたが、返答はない。

  この規則は2015年10月に導入されたもので、人民元の下落局面でドル買いを抑制するための措置とみられていた。撤廃によってトレーダーはドルを買いやすくなり、人民元の上昇圧力は弱まる。10月18日に開幕する中国共産党大会を控え、当局が自国通貨を押し上げるとの観測がある中、人民元はこの3カ月で5%近く上昇していた。このため、人民銀がさらなる上昇は抑えようとするのではないかとの見方が広がっていた。

原題:PBOC Is Said to Remove Reserve Rule for FX Forwards Trading (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE