米国は北朝鮮による直近の核実験などを踏まえ、同国への新たな制裁のため11日に国連安全保障理事会で決議案の採決を求めることを明らかにした。

  米国務省は8日夜に国連安保理に対し、会議の開催を要請する意向を通告し、北朝鮮への追加制裁を望むと表明した。

  小野寺五典防衛相は9日朝の読売テレビ系の討論番組で、北朝鮮には石油の制裁が効果があり、一番強く求めていきたいと述べた。

  ただ、北朝鮮への石油禁輸は実現が確実になるには程遠い状況にある。中国とロシアは北朝鮮の金正恩労働党委員長の行動を非難しているが、最終的な目標は交渉のテーブルに着くよう同委員長を説得し、戦争を回避すべきだとしている。

  9日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は社説で「われわれは原爆、水爆とともに大陸間弾道ミサイル(ICBM)を保有する核強国に堂々と上りつめた」と述べた。

原題:U.S. Calls for UN Vote Monday on Fresh North Korea Sanctions (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE