モラー特別検察官が米大統領の側近4人との面談求める-関係者

モラー特別検察官はホワイトハウスに対し、トランプ米大統領の現職および元スタッフの少なくとも4人との面談を求める可能性が強いと通告した。2016年の米大統領選に対するロシア干渉疑惑の捜査の一環。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  同関係者によると、モラー氏はヒックス暫定広報部長やスパイサー前報道官、プリーバス前大統領首席補佐官、マクガーン法律顧問と会うことを望んでいる。同関係者は捜査に関することから匿名を条件に語った。

  また、同氏はクシュナー上級顧問のスポークスマン、ジョシュ・ラッフェル氏やマクガーン法律顧問のオフィスのジェームズ・バーナム氏とのインタビューを望む可能性もあるという。

  サンダース報道官はモラー特別検察官からの具体的な要請を承知していないとしながらも、ホワイトハウスが面談を妨害することはないと述べた。

原題:Mueller Is Said to Seek to Talk to at Least Four Trump Aides(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE