NY外為(8日):ドル下落、ハリケーンや北朝鮮のリスクを警戒

更新日時
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

8日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。週末のリスクや不確実性に対する警戒感が広がる中、7営業日続落となった。

  ハリケーン「イルマ」は現在、フロリダ州に向かって進んでおり、現地時間10日の朝早くに上陸すると予想されている。また週末に北朝鮮がミサイルを発射する可能性があることも市場のリスクテーク意欲を弱めている。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、週間ではここ4カ月で最もきつい下げとなった。ニューヨーク連銀のダドリー総裁が、相次ぐハリケーン襲来が利上げ時期に影響する可能性があると指摘したことも、ドル弱材料となった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%低下。週間では1.5%の下げとなった。ドルはこの日、対ユーロでは0.1%下げて1ユーロ=1.2036ドル。対円では0.6%安の1ドル=107円84銭。

  ドル指数は一時0.5%を超える下げとなったが、その後は米国債利回りの上昇を手掛かりに下げを縮小した。

欧州時間の取引

  ニューヨーク市場での取引開始前にはユーロが大きく上昇していた。アジア時間には2015年1月以来の高値を付ける場面もあった。ロンドン市場での取引開始後はやや上げを縮めたが堅調を維持した。 

  アジアやロンドンのトレーダーが匿名で語ったところによれば、ユーロがこの日の高値1.2092ドルを付けた後に利益確定の売りが出て、上げを縮小した。

  また欧州時間のドル相場は、北朝鮮情勢に加えてメキシコでの地震発生も影響し、ディフェンシブな動きとなった。

原題:Dollar Declines Again Ahead of a Stormy Weekend Rife With Risks(抜粋)
原題:Dollar Pares Daily Drop as Selling Abates, Positions Trimmed(抜粋)
原題:Euro Remains Bid as Strong Selling Emerges Below $1.21 Handle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE