北朝鮮のミサイル発射、主な記念日と実は無関係-米専門ウェブサイト

Photographer: Handout/Getty Images

北朝鮮が9日の建国記念日に再び大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射するのか、世界が見守っている。こうした中で、米国の北朝鮮情勢専門有料ウェブサイト「NK Pro」が北朝鮮の挑発行為と同国の主要記念日との関連性を調べた。

  NK Proは1990年以降に実施された75回のミサイル発射を分析。7日公表した分析結果によると、ミサイル発射と主要記念日との間に関連性は見られず、海外のイベントにより高い相関が認められることが分かった。外国の選挙、中国政府代表団の訪問、米韓軍事演習などが該当するという。北朝鮮は7月4日にICBMを発射したが、これは米国の独立記念日だ。

  北朝鮮は昨年9月9日に核実験を実施した。NK Proでは、挑発行為が主要記念日またはその前後に行われる確率を10.7%と算出している。

金正恩は「核を操る狂人」か「抜け目のない独裁者」か-人物像を探る

原題:North Korea Missiles Not Linked to Anniversaries, NK Pro Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE