米エキファックス幹部3人が自社株売却-不正アクセス公表前に

Bloomberg

米消費者信用調査会社エキファックスが不正アクセスを確認した後に、経営幹部3人が約180万ドル(約2億円)相当の自社株を売却していた。不正アクセスでは約1億4300万人の米消費者の情報が流出した可能性がある。同社は3人が不正アクセスを知らされていなかったと説明している。

  同社は7日の発表資料で、7月29日に不正アクセスを確認したことを明らかにした。当局への届け出によると、ジョン・ギャンブル最高財務責任者(CFO)がその3日後に94万6374ドル相当の自社株を売却するなどしていた。

  同社スポークスマンのイネス・ガッツマー氏は電子メールで、経営幹部3人が「自社株のわずかな保有分を売却した」が、「その際に不正アクセスが起きたと知らなかった」と述べた。

原題:Three Equifax Managers Sold Stock Before Cyber Hack Revealed (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE