プーチン大統領:トランプ米政権、北朝鮮問題の沈静化を模索している

  • 北朝鮮を怖がらせることは不可能、それなら対抗措置をと考える
  • 大規模な衝突には至らないと確信-プーチン大統領

ロシアのプーチン大統領は、米国のトランプ政権には北朝鮮問題を外交的に解決する意思があると述べた。一方で、追加制裁が北朝鮮の核兵器放棄を促すことにはならないとの見方も繰り返した。

7日、ロシアのプーチン大統領と韓国の文在寅大統領

b

  プーチン大統領は7日、ウラジオストクで開催中の東方経済フォーラムで米国の同盟国である日韓の首脳が同席する中、米国について「事態を沈静化させたいというトランプ政権の希望を認識している」と発言した。

  さらに「大量破壊兵器の使用を含む大規模な衝突には至らないと確信している。全ての当事国には十分な良識があり、国民に対する責任を理解している。われわれはこの問題を外交的手段で解決できるだろう」と続けた。

  プーチン大統領はここ数日、北朝鮮問題での対話再開を説いている。米国は国連安全保障理事会で原油禁輸を含む制裁強化を決定するよう働き掛けているが、ロシアと中国は金正恩体制の崩壊につながりかねない措置には消極的だ。

  プーチン大統領は「北朝鮮を怖がらせることは不可能だ」と指摘し、「北朝鮮はどう喝を受ければ、自分たちが次に取るべき措置は相手を墓場に招待することだと考える」と語った。

7日、韓国・星州に到着したTHAAD

写真家:Yonhap via EPA

原題:Putin Says Trump Is Seeking to Defuse North Korea Tensions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE