米アップルがワーナーミュージックと合意、楽曲提供-関係者

更新日時
  • アップルは楽曲使用料を引き下げる計画だと関係者
  • ソニーもアップルとの合意に近づいている-関係者

The Apple Inc. logo

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

アップルはワーナーミュージック・グループの楽曲に関して合意に達した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同社がオンデマンド型の音楽サービスを2年前に開始して以来、主要レーベル会社との初の合意となる。

  ワーナーはオンデマンド型ストリーミングサービスのアップル・ミュージックのほか、アップルのオンラインストア「iTunes(アイチューンズ)」にもエド・シーランなどのアーティストの楽曲を提供する。これら関係者によると、アップルはアップル・ミュージックの売り上げについて、従来よりも少ない割合をレーベル側に支払う計画。同関係者が内部情報について話すことを理由に匿名で語った。

  今年に入って、音楽ストリーミング配信大手と楽曲の権利所有者はオンデマンドストリーミング利用料の分配で枠組みを構築しつつある。ストリーミングサービスの有料登録者が引き続き急ペースで伸びている限り、権利所有者らは楽曲使用料の若干の引き下げを受け入れる姿勢を示している。

  有料音楽配信サービスで最大手のスポティファイは今年、楽曲使用料のレートの引き下げで音楽レーベルと合意しており、アップルも引き下げを目指している。
  
  アップルの同レートは当初58%だったが、現在は55%を検討しており、登録者数が目標に到達すればさらに引き下げられる形をとる方針。一方、スポティファイは約55%だったが、今年、特定の業績目標を満たすことを条件に約52%に下げられた。

  関係者の1人によると、ソニー・ミュージックエンタテインメントもアップルとの合意に近づいている。ユニバーサル・ミュージック・グループとの合意はまだ先の見通し。

原題:Apple Is Said to Reach Music Deal With Warner; Sony Pact Next(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE