米ボーイングは、中国の20年間の航空機需要予想を引き上げた。経済成長と中間層の拡大が旅行を促進するとしている。

  同社の6日の発表によると、2036年までの20年間の航空機需要は7240機、約1兆1000億ドル(約120兆円)相当の見通し。昨年9月の予想では35年までに6810機の需要が見込まれていた。

  ナローボディー機が5420機と、中国航空機需要全体の4分の3を占める見込み。フルサービスの航空会社および格安航空会社がレジャーとビジネス双方の旅行向けに路線を拡大するとの見通しをボーイングは示した。

原題:Boeing Raises 20-Year China Plane Forecast on Travel Boom (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE