リサーチ代、総じて運用会社が負担-MiFID2で有料化後

欧州連合(EU)の金融・資本市場の包括的な規制、第2次金融商品市場指令(MiFID2)の導入に伴い有料となるリサーチの代金を自社で吸収するかどうかについて、資産運用会社は徐々に姿勢を示し始めている。大半は顧客に移転せず自社で負担するもようだ。

  欧州で営業する約4000社の運用会社の中で方針を示したのはわずかだが、大手は自社でコストを吸収する方針を示している。610億ドル(約6兆6500億円)を運用するジュピター・アセット・マネジメントは外部リサーチのために年間500万ポンド(約7億1100万円)程度を追加で費やすことを想定している。バンガード・グループは年間500万ドル弱と見積もっている。

  リサーチのコストを負担する方針の運用会社は以下の通り。カッコ内は運用資産額:

  • Aberdeen Asset Management ($403 billion)*
  • Allianz Global Investors ($594 billion)
  • Baillie Gifford ($217 billion)
  • Brooks MacDonald ($14 billion)
  • BlueBay ($52 billion)
  • Charles Stanley ($26 billion)
  • Hermes ($39 billion)
  • M&G ($368 billion)
  • JPMorgan Asset Management ($1.9 trillion)
  • J.O. Hambro Capital Management ($38 billion)
  • Jupiter ($61 billion)
  • Kempen ($58 billion)
  • NN Investment Partners ($293 billion)
  • Nomura Asset Management ($435 billion)
  • Northern Trust ($1 trillion)
  • Rathbone ($48 billion)
  • Robeco ($175 billion)
  • Russell Investments ($277 billion)
  • TwentyFour Asset Management ($13.2 billion)
  • T Rowe Price ($904 billion)
  • Unigestion ($24 billion)
  • Vanguard ($4.4 trillion)
  • Woodford Investment Management ($23 billion)

コストを顧客に移転する計画の運用会社は以下の通り:

  • Amundi ($1.3 trillion)
  • Carmignac ($73 billion)
  • Invesco ($877 billion)**
  • Man Group ($96 billion)
  • Schroders ($546 billion)
  • Union Investments ($363 billion)

* アバディーン・アセット・マネジメント(Aberdeen Asset Management)はスタンダード・ライフと合併前の3月31日時点の数字
**インベスコ(Invesco)は顧客に料金を請求したい考えだが、決定は未解決の法規制関連問題に左右される

原題:Fund Managers Are Mostly Taking the Hit on MiFID Research Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE