フィッシャー副議長の突然の辞意、トランプ大統領に選択突き付ける

  • 連邦準備制度での継続性を求めるか、決定の重要度増す
  • 歴代大統領はおおむねセントラルバンカー出身者を起用

フィッシャー副議長

Bloomberg

米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長が予想外の早期辞任を決めたことで、トランプ大統領が今後数カ月に経済分野で下す最も重大な決定の意義が一段と鮮明となった。それは金融当局での継続性を維持するかどうかの問題だ。

  イエレン議長は来年2月が任期満了で、再任の可能性は低いと考えられている。フィッシャー副議長は6日、今年10月半ばで辞任すると発表した。両氏とも経済学教授出身で中央銀行当局者を長く務めてきた。銀行規制監督担当の副議長にランダル・クオールズ氏を指名したトランプ大統領は、既に空白となっているさらに二つのFRB理事ポストも埋めなければならない。

  1970年代後半にカーター大統領(当時)がビジネスマン出身の議長として起用したウィリアム・ミラー氏が2年足らずで事実上の降板となって以降、歴代の大統領は「インサイダー」をおおむね指名してきた。フィッシャー氏と前任の副議長2人(イエレン氏とドナルド・コーン氏)はいずれもセントラルバンカー出身。また、イエレン氏までの4人の議長のうち、セントラルバンカー出身でなかったのは、著名民間エコノミストだったグリーンスパン氏だけだ。

  歴代大統領が米金融当局での人事で継続性を重視した理由は、それが安定した金融市場という大きな見返りをもたらしてきた点にある。金融当局への信頼が損なわれれば、株価や債券相場の下落につながって政権支持率や経済全体に大きなマイナスとなりかねない。トランプ大統領は7月、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、イエレン議長が「これまで低金利を維持してきた人物」であることを理由に、再任の可能性があるのは「間違いない」と発言していた。

  ポトマック・リバー・キャピタルの創業者で、連邦準備制度についての共著「ザ・ミス・オブ・インディペンデンス」(原題)があるマーク・スピンデル氏は「トランプ氏は明らかに予測不可能で、大統領選も政権運営もずっと過去の慣例を無視してきた」としつつも、「恐らく金利については彼にも多少の理解があるようだ」と語った。

原題:Fischer Exit Sharpens Trump Fed Choice: Continuity or Disruption(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE