NY原油(6日):続伸、4週ぶり高値-製油所の操業再開が拡大

6日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸。ハリケーン「ハービー」の影響で閉鎖されていた製油所で操業再開の動きが活発になったことを背景に、4週ぶり高値に上昇した。

  TDセキュリティーズの商品戦略責任者バート・メレク氏(トロント在勤)は製油所の操業再開について、「一部で考えられていたような極めて大規模な在庫積み上がりは起きないということを意味する」と電話インタビューで指摘した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比50セント(1.03%)高い1バレル=49.16ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント11月限は82セント上昇の54.20ドル。

原題:Oil Climbs to Four-Week High as Refinery Demand for Crude Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE