トランプ米大統領と習中国国家主席が会談、ロシア大統領は制裁に反対

更新日時

トランプ米大統領と習中国国家主席

Photographer: SAUL LOEB

トランプ米大統領と習近平中国国家主席は北朝鮮危機の解決策について再び意見を交わした。米国は来週の国連安全保障理事会での北朝鮮制裁決議に向け中国の支援取り付けを模索している。

  トランプ大統領は6日、習主席との電話会談後に記者団に「われわれは北朝鮮で起こっていることを容認しない」とし、両首脳は「非常に率直で強い」話し合いをしたと語った。米国による軍事行動の可能性についての質問には「第1の選択肢ではないが、状況を見守る」と答えた。

  習主席は朝鮮半島非核化への中国のコミットメントを再確認、トランプ大統領は北朝鮮に影響力を行使する中国の役割を強調した。中国の国営メディアが会談の概要を公表した。米国が要請した11日の安保理会合に向けて何らかの合意があったかには触れていない。

  米中首脳の電話会談に先立ちロ韓首脳会談が開かれ、ロシアのプーチン大統領は、北朝鮮への原油供給停止が同国民を苦しめると懸念を示した。韓国の文在寅大統領は北朝鮮制裁強化への支持をロシアに求めていた。

  尹永燦(ユン・ヨンチャン)広報首席秘書官によると、文大統領は「北朝鮮への原油供給を断つことは不可避だ。ロシアの協力をお願いしたい」と訴えた。

  プーチン大統領は文大統領に対し、北朝鮮への制裁は役に立たないだろうと入念に説明、原油供給を断てば病院などに影響が及ぶと指摘した。ウシャコフ補佐官がロ韓首脳会談後に明らかにした。

  プーチン大統領は北朝鮮への制裁強化を拒否し、制裁措置は「役に立たず効果がない」と5日に言明していた。

  プーチン大統領の姿勢は変わらないものの、ウシャコフ補佐官によると、首脳会談は「両国がより多くの要素について認識を共有する」ことにつながった。

韓国・ロシア首脳が会談、記者会見

(出所:Bloomberg)

原題:Trump, Xi Talk North Korea as Putin Pushes Back on Sanctions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE