トランプ大統領と議会、災害救済と債務上限抱き合わせで合意

更新日時
  • 合意には債務上限適用停止の3カ月延長が含まれる
  • 共和党側は長期の適用停止望んでいたが、大統領が民主党案に賛同

Tanker trucks enter the Marathon Petroleum Corp. refinery ahead of Hurricane Harvey in Texas City, Texas.

Photographer: F. Carter Smith/Bloomberg via Getty Images

トランプ米大統領は6日、ハリケーン「ハービー」の被害救済法案に、連邦債務上限適用停止の3カ月延長と政府運営資金の確保を追加することで議会指導部と合意した。共和党幹部はもっと長期間の適用停止を求めていたが、大統領は民主党案に賛同した。

  トランプ大統領は同日、共和・民主両党の指導部とホワイトハウスで協議。その後大統領専用機内で記者団に対し、議会民主党との取引は「非常に良い」ものだと指摘、「債務上限の適用停止について3カ月延長で合意した。債務上限は神聖で極めて重要だと考えられている」と語った。

トランプ大統領は債務上限を巡る暫定措置で民主党案を支持

Bloomberg

  共和党のマコネル上院院内総務は記者団に対し、下院がこの日可決したハリケーン「ハービー」被害救済法案に、歳出と債務上限適用停止の延長を加える意向を示し、その措置を支持すると述べた。

  マコネル院内総務(共和、ケンタッキー州)は「大統領は民主党のシューマー上院院内総務とペロシ下院院内総務と3カ月の予算継続決議と12月までの債務上限適用停止で合意した」と説明。「本物の国家的危機の状況で分裂の構図を作らないためにわれわれが団結する必要があるというのが大統領の気持ちだった」と述べた。

トランプ米大統領と6日協議したシューマー上院院内総務。

写真家:Alex Wong / Getty Images

  これより数時間前、ライアン下院議長は民主党案について「実行不可能」であり、「ばかげている」と述べていた。

  民主党のシューマー上院院内総務とペロシ下院院内総務の共同声明によると、今回の合意を受けて12月までは債務上限の適用が停止され、政府機関の運営資金も確保される。シューマー、ペロシの両氏は大統領との協議後の共同声明で「両党とも、12月のデフォルト(債務不履行)を回避しようと固く決意しており、われわれが抱える多くの問題について協力するのを楽しみにしている」と表明した。

  今回の協議に詳しい関係者によれば、共和党指導部とムニューシン財務長官は、より長期間の債務上限適用停止を求めていた。だがトランプ大統領は、民主党指導部が提示した12月半ばまでの政府運営資金を含む3カ月の案を了承した。

原題:Trump Sides With Democrats on Interim Debt-Limit Fix, Harvey Aid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE