石破元防衛相:非核三原則、「議論もせずでは駄目だ」-見直しに言及

  • 北朝鮮の核開発進展で「そうじゃない時と全然違う」-石破氏
  • 日本政府は否定、「これからも議論すること考えず」と菅官房長官

石破茂元防衛相は6日、核兵器を保有しない、製造しない、持ち込まないとする「非核三原則」の見直しに言及した。

石破茂元防衛相(2016年6月撮影)

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  国会内でブルームバーグなどの取材に語った。同氏は非核三原則について「議論もせず、では駄目だ」と発言。理由として北朝鮮が核開発を進めているため、「そうじゃない時と全然違う」とも話した。

  菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で、日本政府は非核三原則を「政策の方針として堅持している」と強調。「これまでも見直しの議論をしてきておらず、これからも議論することは考えていない」と語った。

  石破氏は同日、テレビ朝日の番組で日米同盟の抑止力向上のため、日本国内への米軍核兵器配備の是非を議論すべきだとの考えを示したと共同通信が報じた。日本の核兵器保有については唯一の戦争被爆国である日本が持てば、世界のどこが持ってもいいという話になると否定したという。

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE