「ハービー」で米唯一のシェールガス輸出施設への輸送停止-チャート

  米国唯一のシェールガス液化・輸出ターミナルである米シェニエール・エナジーのサビーンパス輸出ターミナルでは、熱帯性暴風雨「ハービー」が8月に米メキシコ湾に襲来して以降、タンカーへの荷積みができない状態が続いている。河川の水位が過去最高水準に達したためだ。ルイジアナ州沖で停滞する液化天然ガス(LNG)タンカーが増え、同ターミナルに輸送されるガスの量は10カ月ぶりの低水準となっている。

  タンクが満杯となる中、さらにガスの流れが滞る可能性があるが、米国のガス市場にとっては弱材料となるだけだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE