日産自新型「リーフ」航続距離4割向上400キロ-販売倍増目指す

更新日時
  • 国内で来月2日発売、年明けには欧米でも-自動駐車など新機能も
  • EV覇権争いテスラ「モデル3」、GM「BOLT」と真っ向勝負
A teaser image of Nissan Motor Co. Leaf electric vehicle. Source: Nissan Co.

A teaser image of Nissan Motor Co. Leaf electric vehicle. Source: Nissan Co.

Nissan Co.

日産自動車は電気自動車(EV)「リーフ」の新型車を来月発売する。満充電からの航続距離を400キロメートルに伸ばしたほか自動運転の最先端技術も搭載。商品力を高めることで販売倍増を目指しており、世界的ブームの機運が高まっているEVの普及を加速させたい考えだ。

  日産自の発表資料によると、新型リーフは容量40キロワット時のリチウムイオン電池を搭載、JC08モードでの航続距離は旧モデルに比べて約43%向上。モーターの馬力とトルクはそれぞれ約38%、26%増加する。国内で10月2日から販売を開始し、米国、欧州市場でも来年1月に発売する。希望小売価格は315万360円(税込み)からで、最上級グレードは399万600円となっている。現行の最も安いモデルは280万3680円。

  高速道路での単一車線内で利用できる自動運転技術「プロパイロット」を搭載するほか、ステアリング、アクセル、ブレーキなど駐車に関するすべての操作を自動で制御できるシステムも取り入れる。デザインも一新し、全幅は旧モデルに比べ2センチ長い179センチメートルとなり、重量もやや重くなる。
  
  日産自は2010年に世界に先駆けて量産型EVリーフを市場投入、これまでに約30万台を販売している世界最大のEVメーカー。欧米をはじめとして各国の規制強化の動きでガソリン・ディーゼル車への風当たりが強まるなか、後発の米テスラの廉価モデル「モデル3」が45万台以上の受注を集めるなどEVへの追い風が吹いており、日産自は初のフルモデルチェンジで販売強化を図る。

  ダニエレ・スキラッチ副社長は横浜市の本社での8月31日のインタビューで、EVに対する消費者の認知は高まっており新型リーフの販売台数について「倍ぐらいに増やす自信があり、それ以上になっても驚かない」と話していた。16年度の国内販売は約1万5000台だったという。

  日産自の西川廣人社長は6日、記者団に対しグローバルの目標が最低倍増であるのに対し、国内の消費者は新しい技術への関心が高く新型リーフのような車を受け入れてもらえる素地があるとし、「国内販売は3倍増も不可能ではない」との見解を示した。来年の欧州での販売開始後、中国で「2018年か19年に投入を目指す」考えも明らかにした。

  新型リーフの米国基準での航続距離は150マイル(約240キロ)。競合するテスラのモデル3が220マイルから、米ゼネラル・モーターズが販売しているEV「BOLT」が238マイルとなっておりリーフを上回る。しかしスキラッチ副社長によると、今後投入予定の容量60キロワット時の電池を搭載したモデルでは225マイルを超える見通しで、両者に対抗できるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE