岸田自民政調会長:憲法9条の改正不要との考えは変わらず

更新日時
  • 1年以上先の話、コメント控える-来年の総裁選出馬
  • 2019年10月の消費税10%への増税、確実に行っていくベきだ

岸田自民政調会長

Akio Kon/Bloomberg via Getty Images

自民党の岸田文雄政調会長は5日、憲法改正は党内で慎重に議論することが必要で、戦争の放棄や戦力の不保持を定めた第9条の改正は不要との考えは変わっていないと述べた。来年秋の党総裁選出馬については1年以上先の話でコメントは控えるとし、明言を避けた。

  ブルームバーグなどとのグループインタビューで語った。岸田氏は「政調会長として安倍内閣を支えていく立場」であると強調。今後重点的に取り組む政策として経済再生を筆頭に挙げ、「中長期的な課題について取り組める工夫をしたい」と意欲を見せた。

  安倍晋三首相が進めているアベノミクスについては雇用拡大、賃金引き上げの面では成果があったと評価した上で、今後は消費をしっかりしたものにするために努力しないといけないと指摘した。2019年10月からの消費税率10%への引き上げは確実に行っていくべきだ、と話した。

  また核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対しては、中国、ロシアを巻き込みながら、まずは圧力をかけることが重要との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE