仮想通貨ビットコインの価格が4日急落し、7月以来の下げ幅を記録した。中国人民銀行(中央銀行)がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を違法とし、関連する資金調達活動全てを即時停止するよう通告したことが背景にある。急成長中の仮想通貨市場にとっては、規制面でこれまで最大の課題を突きつけられた格好だ。

  人民銀は4日にウェブサイトで、ICOに対する調査を完了したと説明。今後ICOが行われた場合には厳罰に処すとともに、実施済みのICOについても法規違反で処罰すると明らかにした。同行によると、ICOでの調達資金は返金しなければならない。ただ、返金方法について具体的な指示はしていない。

  人民銀はまた、仮想通貨の取引所が法定通貨との交換を行うことも禁止。仮想通貨を市場で通貨として使用したり、銀行がICOのサービスを提供することも禁じた。

  この発表を受け、ビットコインは前週末比で11.4%安の4326.75ドルまで売り込まれた。コインデスクのデータによると、同じく仮想通貨のイーサリアムは4日、16%を超える下げに見舞われた。

  中国の国家インターネット金融安全技術委員会によれば、7月18日現在で同国内には43のICOプラットフォームがあった。65件のICOが実施され、調達資金は26億元(約440億円)に上った。

世界有数のビットコイン採掘場の内部を見る-内モンゴルの片田舎

原題:Bitcoin Tumbles as PBOC Declares Initial Coin Offerings Illegal(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE