北朝鮮、強力爆弾で米中に挑戦状-誰も止められないと誇示

  • 米中の一致しないアプローチが、北朝鮮の核開発加速を後押し
  • 3日の実験、爆発は米都市をほぼ壊滅させられるほど強力-専門家

Kim Jong-Un inspect a nuclear device in this handout released on Sept. 3.

Photographer: KCNA/EPA

これまでで最も強力な核爆弾の実験を強行した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、トランプ米大統領や習近平・中国国家主席でも同国の核開発をもはや止めることはできないと確信している。

  北朝鮮は3日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な水素爆弾の実験に成功したと発表した。事実であれば、米国を攻撃できる核兵器の開発がまた進展したことになる。北朝鮮が同日先に発表したところによると、同国は広島型原子爆弾の6倍に相当する最大威力100キロトンを超える爆弾を保有している。
  
  韓国国防省は4日、北朝鮮がICBMと思われるミサイル発射に向けて準備を続けている様子が見られると明らかにした。聯合ニュースの報道によれば、韓国国家情報院は北朝鮮がICBMを太平洋に向けて発射する可能性があり、核実験をいつでも実施する能力があると分析している。

  3日の実験が実際に水爆だったかどうかにかかわらず、ICBMに搭載されれば「米国の都市をほぼ壊滅させられる」ほど実験の爆発は強力だったと、マサチューセッツ工科大学(MIT)で核問題を専門とするビピン・ナラン政治科学准教授は分析。米国であれ中国であれ、北朝鮮に歯止めをかけるのはいっそう難しくなったと指摘した。

  ナラン准教授は「6回目の核実験までに間があいたのは恐らく、それが中国にとって容認できない一線だからだと、私は考えていた」と発言。「金氏は明らかにそれを無視し、実験を強行した」と続けた。

  米中で一致したアプローチを見いだせていないことが、北朝鮮の核開発加速を可能にした。北朝鮮は米国による侵略を阻む手段として核開発を必要不可欠と位置づけており、金正恩氏は挑発を繰り返すたびに、米国が第3次世界大戦を引き起こしかねない軍事行動に踏み切ることはないと自信を深めている様子だ。中国に対しても、金体制が命綱とする石油や食糧の供給を断つことはないと確信している。

  3日の核実験に対し、米国のトランプ大統領は即座には反応せず、約8時間が経過して投稿したツイートでも軍事行動ではなく制裁強化に重点を置いたものだった。中国の習近平国家主席は新興5カ国(BRICS)首脳会議が開かれているアモイでの演説で、北朝鮮に言及しなかった。

米朝間の緊張から戦争は起きるのか―クイックテイクまとめ

原題:With Powerful Bomb, Kim Dares Both Trump and Xi to Stop Him (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE