北朝鮮:ICBMに搭載可能な水爆を開発-朝鮮中央通信

更新日時
  • 水爆は、数十キロトン級から数百キロトン級まで調整可能
  • 北朝鮮が前回核実験を実施したのは約1年前

北朝鮮は新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な水素爆弾を開発・保有していると主張した。朝鮮中央通信が3日伝えた。

  朝鮮中央通信によると、水爆は、数十キロトン級から数百キロトン級まで調整可能な多機能型で、高高度でも電磁パルス攻撃が可能。北朝鮮は前回、約1年前に核実験を実施している。

  核兵器研究所は「最近、さらに高度な核兵器の製造に成功し、核武装において戦略的意図に忠実に顕著な変化が起きている」と朝鮮中央通信は報じた。金正恩朝鮮労働党委員長は同研究所訪問中に「核武装」について指示し「ICBMに搭載される予定の水爆を視察した」という。

  

原題:North Korea Says It Has Developed Hydrogen Bomb to Suit ICBM(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE