クレディ・スイス:債券リサーチ無料提供へ、MiFID2後-関係者

クレディ・スイス・グループは、リサーチの有料化につながる欧州連合(EU)の新規則、第2次金融商品市場指令(MiFID2)の施行後、債券の基本的リサーチは無料で提供することを計画している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、無料で顧客に特典を提供することを禁じる規則を順守するため、クレディ・スイスは債券リサーチの幅広く公開するという。同行では、こうしたリサーチを当局が「金銭の伴わない小さな特典」とみなし、規則に抵触しないと判断するとみている。アナリストとの個別の面談や株式リサーチは有料になると関係者らが述べた。

  クレディ・スイスの広報担当者はコメントを控えた。MiFID2は来年1月3日に施行される。

原題:Credit Suisse Is Said to Offer Free Bond Research Under MiFID(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE