独VW、米市場でプレゼンス拡大目指す-SUVラインアップ拡充へ

  • 20年までに第4のSUVモデルを投入する-米国部門CEO
  • SUV・クロスオーバーのモデル数を19に増やす計画の一環

A new Tiguan sports utility vehicle (SUV), produced by Volkswagen AG (VW).

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

世界最大の自動車メーカー、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は米国では依然小さな存在だが、米国人に人気のクロスオーバー車やスポーツタイプ多目的車(SUV)のラインアップを拡充する同社の方針がVWブランドを主流に押し上げることにつながりそうだ。

  VWブランドのグローバル責任者ヘルベルト・ディース氏は米テネシー州チャタヌーガにある自社工場で記者団に対し、「向こう数年間に米国で適切な販売量を持つメーカーになることを目指す」と説明。「米国での勝利を2年で収めることはできない。10年にわたる計画だが、コミットしていく」と述べた。

  VW米国部門のヒンリッヒ・ウェブケン最高経営責任者(CEO)は、2020年までに第4のSUVモデルを投入する計画だと語った。同社は現在、米国でSUV3モデルを販売しており、新型SUV「アトラス」を今春発売したばかり。ディース氏によれば、同年までにSUV・クロスオーバー車のモデル数を世界全体で19に増やす計画の一環だという。

  VWチャタヌーガ工場の責任者アントニオ・ピント氏によると、同工場ではアトラスSUVを1日当たり400台生産しており、余剰の生産能力がなおあるという。アトラスの米販売台数は6月に2413台と月間ベースで2番目の高水準となったものの、7月には夏季休暇に伴い1306台に減少した。

  VWは20年までに世界販売に占めるSUVの割合を現在の15%弱から40%に引き上げることを目指しているとディース氏は指摘。米国で電気自動車モデル数種の生産も計画しているが、時期について言及するのは時期尚早だと述べた。
  
原題:Volkswagen Sees SUV Boom Paving 10-Year Road to U.S. Relevance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE