トランプ氏が目指す減税、障害にぶつかる-「ハービー」のコストで

トランプ米大統領は大型減税を求める新たな遊説活動を開始したのに先立ち、ハリケーン「ハービー」の被害を受けたテキサスとルイジアナ両州への支援を表明した。

  トランプ大統領は30日のミズーリ州スプリングフィールドでの演説で、「われわれは復旧、復興、再建に向けて、今日も明日もそれ以降も毎日、あなたたちを見放さすことはない」と述べた。

浸水した牧場、テキサス州ウェストコロンビア

写真家:Luke Sharrett / Bloomberg

  ハービー襲来によって、歴史的な減税を実行するというトランプ氏の目標に新たな制約が加わる可能性がある。ハービーによる被害額は最大900億ドル(約10兆円)とされ、AP通信によれば死者は30人超に上っている。トランプ氏は支援パッケージを早期可決するよう既に議会に求めているが、このコストが数十億ドルに膨らむのに伴い、議員らは新たな歳入での埋め合わせが見込めない税制変更への抵抗を強める見通しだ。

  上院民主党で予算関連の仕事に携わった経歴を持つスタン・コレンダー氏は「埋め合わせされない、あるいは少なくとも一部が埋め合わせされない減税は、ハリケーン・ハービーによって大打撃を受ける」と話した。

原題:Trump’s Tax-Cut Bid Hits Obstacle: Hurricane Harvey’s Costs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE