モンデリーズ株下落-バフェット氏がクラフトによる買収を否定

  • 株価は一時2月以来の大幅安、キャンベルやケロッグも下落
  • モンデリーズはクラフトの標的となる可能性が指摘されていた

30日の米株式市場で米菓子メーカー、モンデリーズ・インターナショナルの株価が下落。米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの会長兼最高経営責任者(CEO)を務める資産家ウォーレン・バフェット氏の発言を受けて、米食品メーカーのクラフト・ハインツによる買収観測が後退した。

  クラフトがモンデリーズなどの企業を買収する可能性があるかどうかとの質問にバフェット氏はCNBC放送に対し、「それについての答えはノーだと思う」と答えた。バークシャーはクラフトの筆頭株主で、ブラジルのプライベートエクイティー(PE、 未公開株)投資会社3Gキャピタルと共に同社の経営権を握っている。

  今年に入りクラフトによる英・オランダ系ユニリーバへの買収提案が拒否された後、投資家はクラフトが別の大手の消費者向け製品メーカーの取得に動くかどうか思案している。モンデリーズは過去にクラフトの1部門だったこともあり、しばしば可能性が指摘されている。両社は2012年に分離した。

  モンデリーズ株は前日比0.6%安で終了。一時は3.6%安の40.39ドルと、2月以来の大幅な下げとなった。キャンベルスープやゼネラル・ミルズ、ケロッグなど他の加工食品銘柄も値下がりした。

原題:Buffett Says ‘Answer Is No’ on Kraft Heinz Buying Mondelez (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE