礼儀正しい日本人がメイ首相にいえない不安-「EU離脱理解できず」

  • 英国のEU離脱に日本側は強い疑念を抱いていると元駐日大使
  • EU離脱の進め方への不安を示すサインをオブザーバーらは指摘

来日中のメイ英首相は、京都の茶会で安倍晋三首相のもてなしを受け、日本的な抑制と形式を体験した。欧州連合(EU)離脱の進め方に日本がいかに冷めた見方を持っているかについては、さすがに通訳されなかっただろう。

  欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の最終合意に向けて詰めの協議を行う日本政府に対し、EUとの通商合意を将来の日英貿易協定の土台として用いるよう説得を試みるメイ英首相の働き掛けを日本側があからさまに拒否することはないかもしれない。しかし、茶葉の動きを読むように情勢分析を行うオブザーバーには、英国のEU離脱の進め方への不安を示す紛れもないサインが見て取れる。

  デービッド・ウォーレン元駐日大使はブルームバーグラジオに対し、「一つのテキストを2国間協定に置き換えることは簡単な事ではない」と発言。英国のEU離脱に日本側が強い疑念を抱いているとの認識を示し、「なぜわれわれがこれを行っているか日本人は全く理解できない。あまりにも礼儀正しいため公にそう言わないだけだ」と語った。

  一方、内閣官房参与の谷口智彦慶応大学大学院教授はBBCラジオに対し、危機感と言えば少し強い言葉になるかもしれないが不安感は確かに存在すると述べた。

原題:Japan Unimpressed With May’s Brexit But ‘Too Polite’ to Say (1)(抜粋)

メイ英首相を茶席でもてなす安倍晋三首相

写真家:Carl Court / Getty Images
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE