米グーグルのAI「アシスタント」、冷蔵庫や掃除機などにも搭載へ

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

米グーグルが新製品の中心的存在である音声対話型の人工知能(AI)「アシスタント」をあらゆる家電製品に搭載する取り組みは、少しずつ前進している。

  アルファベット傘下のグーグルは30日、アシスタントが現在では、他社製スピーカーおよび冷蔵庫などの家電にも対応していると発表。 2016年にグーグルのスマートフォンとスピーカーに搭載したアシスタントについて同社は、オンライン商取引の手段となることを期待している。

  韓国のLG電子はベルリンで開催された会議で、グーグルのアシスタントを今後発売する洗濯機や冷蔵庫に搭載していく計画だと発表。グーグルは、スプリンクラーや掃除機などにも近く組み込まれるとの見通しを示した。同社はまた、パナソニックと中国のモブボイが製造した新しいアシスタント搭載スピーカーも披露した。

原題:Google Will Now Talk Through Speakers, Fridges and Vacuums (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE