トランプ氏の税制演説、財務・商務長官に謝意示すもコーン氏に触れず

  • ホワイトハウス報道官:トランプ氏にコーン氏冷遇の意図なし
  • バージニア州暴動巡る発言でトランプ大統領とコーン氏の間に摩擦

コーン国家経済会議(NEC)委員長

Photographer: Alex Brandon/AP

トランプ米大統領は30日の税制改革に関する演説で、同行した複数の主要アドバイザーの名前を挙げて謝意を表したが、政権の取り組みを主導しているコーン国家経済会議(NEC)委員長に言及しなかった。

  コーン氏は大統領のミズーリ州訪問に同行した当局者の1人。トランプ氏は他に随行した長女イバンカ大統領補佐官とケリー大統領首席補佐官、ムニューシン財務長官、ロス商務長官、マクマホン中小企業局(SBA)局長の5人には謝意を示し、出席した議員らの名前も挙げ、「ほかに言い忘れた人はいたか」と述べた。

  トランプ大統領とコーン氏の間には最近、摩擦があった。ユダヤ人のコーン氏は、バージニア州シャーロットビルでの白人至上主義者らと反対派との衝突や暴力行為を巡るトランプ氏の発言を受けて辞意しかけたと、25日の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のインタビューで述べていた。

  ホワイトハウスのストロム報道官は、大統領がコーン氏に冷たい態度を取ったわけではないと述べ、「スタッフは通常、演説原稿の中で名前は出ない。閣僚だけだ」と説明した。

  だが、トランプ大統領は6月のアイオワ州での集会など過去のイベントの際にはコーン氏に言及していた。

原題:Trump Thanks Mnuchin and Ross at Tax Speech -- But Not Cohn (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE