ベネズエラを格下げ、米追加制裁でデフォルト確率上昇-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティングスは30日、ベネズエラの外貨・自国通貨建て長期発行体デフォルト格付け (IDR)を従来の「CCC」から「CC」へと引き下げた。米国の追加制裁によりデフォルト(債務不履行)状態に陥る可能性が高まったと説明した。

  今回の格付け変更前に既にジャンク級だったが、「D(デフォルト)」より2段階上の「CC」までさらに下げられた。S&Pグローバル・レーティングスとムーディーズ・インベスターズ・サービスもベネズエラ債をジャンク級に格付けしている。

原題:Venezuela Cut Deeper Into Junk by Fitch on ‘Probable’ Default(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE