ウーバーCEO就任は二度とないチャンス-コスロシャヒ氏

  • インタビューで就任の意向を示唆するも指名の状況には言及せず
  • ウーバーの性差別疑惑や組織文化の問題に取り組む方針示す
Dara Khosrowshahi, chief executive officer of Expedia Inc., gestures during a Bloomberg Television interview in London, U.K. on Wednesday, Oct. 2, 2013. Expedia Inc. reported second-quarter profit and revenue in August that missed analysts' estimates, leading to a 27 percent plunge in the stock, the steepest in eight years. Photographer: Matthew Lloyd/Bloomberg *** Local Caption *** Dara Khosrowshahi

エクスペディアのダラ・コスロシャヒCEO

Photographer: Matthew Lloyd/Bloomberg

ウーバー・テクノロジーズの次期最高経営責任者(CEO)に選出された米エクスペディアのダラ・コスロシャヒCEOは、ウーバーのトップとして直面する多数の課題の一部を認めた一方で、同職について「一生に一度の好機」だと述べた。

  起用が決まってから初めて公に語ったコスロシャヒ氏は、ウーバーでの性差別疑惑や組織文化の問題に取り組む考えを示した。 同氏はウーバーCEOに就任する意向を示唆したものの、ウーバーとエクペディアと同様、指名の状況について言及することは控えた。

  コスロシャヒ氏はワシントン州ベルビューのエクペディア本部でインタビューに応じ、「ウーバーは世界的に運輸業界の定義を書き換えている会社だ。そのストーリーの一部となることは興味深い上に、本当に名誉なことだ」 と指摘。困難や複雑さ、難題も当然あるが、それがこの仕事が面白い理由でもあると語った。

  ウーバーの取締役会は27日、コスロシャヒ氏(48)を6月20日に辞任したトラビス・カラニック前CEOの後任に起用することを決めた。同社のCEO候補には、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)のメグ・ホイットマン氏やゼネラル・エレクトリック(GE)のジェフリー・イメルト氏の名前も挙がっていた。

ブルームバーグのエミリー・チャン記者がウーバーの次期CEOに選出されたダラ・コスロシャヒ氏についてリポート

(出所:Bloomberg)

原題:Uber CEO Pick Embraces Job as ‘Opportunity of a Lifetime’ (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE