ウーバーを米司法省が捜査、海外腐敗行為防止法違反の疑いで

米配車サービス会社ウーバー・テクノロジーズは米司法省から、外国政府当局者への贈賄を禁じた連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に違反した疑いで捜査を受けている。同社は「グレイボール」と呼ばれるソフトを利用して法執行当局者を欺いたとされる問題でも当局の捜査対象となっている。

The Uber Technologies Inc. application and logo are displayed on an Apple Inc. iPhone 5s and iPad Air in this arranged photograph in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, March 5, 2014. Uber, a startup that lets drivers pick up passengers with their personal cars and that was valued at $3.5 billion in a funding round last year, has raised $307 million from a group of backers that include Google Ventures, Google Inc.'s investment arm, and Jeff Bezos, the founder of Amazon. Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

The Uber Technologies Inc. application and logo

Photographer: Andrew Harrer

  ウーバーは29日、複数の従業員がFCPAに違反した疑いを巡る当局捜査に協力すると表明した。

  米司法省にコメントを求めたが、これまでに返答はない。FCPAを巡る捜査については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が29日、先に報じていた。

原題:Uber Draws Justice Department Inquiry Over Foreign Payments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE