メルケル独首相:ユーロ上昇はドイツの貿易黒字に影響へ

ドイツのメルケル首相はユーロ上昇が同国の輸出に影響を与えることはほぼ確実だとし、貿易黒字についてあまり懸念していないと語った。

  首相はベルリンで記者団に、「個人的にはドイツの貿易黒字がそんなに劇的だとは思わない」とした上で「しかし、その黒字がいま縮小するとしても、それはわれわれが制御できるたぐいの展開ではない」と述べた。

  トランプ米大統領はドイツの対米貿易黒字を批判してきたが、メルケル首相はドイツ製品の優れた品質が理由だと受け流している。ユーロは29日、ドルに対して2015年1月以来の高値に上昇した。

  メルケル首相は「われわれは為替レートに対する政治的影響力を持たない。ドイツの競争力に満足しているし、不公平な貿易慣行は排除している」と語った。

記者団に回答するメルケル首相(29日)

フォトグラファー:Tobias Schwarz / AFP via Getty Images

原題:Merkel Says Euro’s Rise Set to Impact Germany’s Trade Surplus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE