ロンドン外為:ユーロが1.20ドル突破、15年1月以来-逃避先の一つに

29日の外国為替市場で、ユーロが対ドルで上昇。2015年1月以来の1.20ドル突破となった。北朝鮮のミサイル発射を受けたリスクオフ・ムードの中でも、投資家のユーロ買い増しにほとんど変化はなかった。

  北朝鮮が日本上空を通過する弾道ミサイルを発射したことが伝わり、ユーロは当初、円とスイス・フランに対して下落したが、その後一貫して下げを縮めた。ユーロも逃避先の一つとして見られるようになり、対ドルで買われた。

  ユーロはロンドン時間の取引で一時0.8%高の1ユーロ=1.2070ドルと、2015年1月2日以来の高値を付けた。トレーダーらは14年以降の下げから50%戻した水準である1.2167ドルをテクニカルな節目として注視している。

原題:Euro Rallies as Bulls Reinvigorated Amid North Korea Turmoil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE