「ハービー」が勢力強めて再上陸か-テキサスとルイジアナ州境へ

  • 新たな降雨も予想され10.9兆円もの経済的損失の予測も
  • 米製油能力の最高30%が危険に直面-アナリスト

米国の石油産業の中心地、ヒューストンで洪水被害が拡大している。

  ハリケーン「ハービー」による洪水被害で全米4位の都市ヒューストンは水浸しとなる中、まだ20インチ(50センチ)の降雨が予想されており、経済的損失は最高1000億ドル(約10兆8800億円)との予測もある。ウォール街や米政府は2012年のハリケーン「サンディ」以来最大の自然災害の影響に備えている。

  5段階で2番目に強い「カテゴリー4」の勢力で上陸後に熱帯低気圧へと変わったハービーは、メキシコ湾に進んでおり、30日には再び勢力を強めてテキサス州とルイジアナ州の州境付近に再上陸する見込み。チューダー・ピッカリング・ホルトのアナリストらによると、米国の製油能力の最高30%が危険にさらされたもようだ。

家の屋根で救助を待つ男性

写真家:Luke Sharrett / Bloomberg

  テキサス州ハリス郡当局者によると、同郡では27日以降、ハービー襲来で6人が死亡した。3万人余りの住民が住む場所を失う見通しだが、米陸軍工兵隊が2つのダムで放水を開始したため、避難者数は確実に増えそうだ。連邦緊急事態管理局(FEMA)によれば、45万人を上回る数の住民に支援が必要となりそうだという。

全米4位の都市ヒューストンを襲ったハリケーン・ハービーの影響についてリポート

(出所:Bloomberg)

ハービーによる大雨で冠水したテキサスシティー製油所付近の道路

フォトグラファー:Brendan Smialowski / AFP via Getty Images

原題:Re-Energized Harvey to Turn Wrath Once More on Texas, Louisiana(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE