米財務省、債務上限引き上げ求め議会に圧力か-CMB発行計画を発表

ムニューシン米財務長官は連邦債務上限の引き上げ問題について、「極めて重要な」期限と自ら位置付ける9月29日までに議会が対処すると本当に確信しているか、あるいはこの問題を早期に解決するよう議員に圧力をかけようとしているかのどちらかだ。

The U.S. Capitol building stands at sunrise in Washington on July 19, 2017.

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  米財務省が28日、キャッシュ・マネジメント・ビル(CMB、つなぎ資金調達のための短期政府証券)400億ドル(約4兆3500億円)を29日に発行すると発表したことは市場関係者を驚かせた。このCMBは123日物で、2013年10月以降最も期間が長めであり、米財務省は債務を上限未満に抑制する柔軟性を減らすことになると、ジェフリーズのシニアエコノミスト、トーマス・サイモンズ氏は28日付のリポートで指摘した。

債務上限と米国債への影響について話すオッペンハイマーファンズのポートフォリオマネジャー、アレッシオ・デロンジス氏

(出所:Bloomberg)

  バークレイズのストラテジスト、ジョゼフ・アベート氏は「これらのCMBは借り入れ能力を消費するはずだ」が、債務上限が恐らく引き上げられると踏んで、期限後に満期を迎える期間が長めの債券を発行する方が良いと米財務省は考えたのだろうと分析した。過去に債務上限問題が浮上した際には、米財務省は借り入れ権限を使い尽くさずに資金ニーズに対応することを余儀なくされたため、ストラテジストは今回ももっと短めのCMBの発行を見込んでいた。

原題:Treasury Is Putting Pressure on Congress to Fix the Debt Ceiling(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE