NY金:続伸、今年初の終値1300ドル台-ドル下落や利上げ観測後退で

28日のニューヨーク金先物相場は続伸。昨年11月以降で初めて終値でオンス当たり1300ドルを上回った。ドルの下落に後押しされたほか、米国の利上げペースは緩やかになるとの観測も強まった。

A five hundred gram gold bar, left, and a a one kilogram gold bar, produced by Swiss manufacturer Argor Hebaeus SA, sit in a storage tray in this arranged photograph at Aranypiac Kft in Budapest, Hungary, on Wednesday, July 20, 2016. Precious metals are back in demand as renewed concerns over Britain's decision to leave the EU have investors fleeing for gold. Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

A five hundred gram gold bar, left, and a a one kilogram gold bar

Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

  RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア市場ストラテジスト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「米金融当局は年内いっぱい、利上げスタンスにおいて慎重な姿勢をやや強める可能性がある」と指摘。「不確実性がかなり高まっている」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前週末比1.3%高の1オンス=1315.30ドルで終了。金は今年に入って日中に1300ドルを超えることはあったが、終値で同水準を上回るのは昨年11月以来で初めてとなる。

原題:Gold Closes Above $1,300 for First Time This Year on Dollar, Fed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE