中国石油化工:1-6月利益は40%増、半期としては14年以来の高水準

石油精製で世界最大手、中国石油化工(SINOPEC)の1-6月(上期)利益は前年同期比40%増となった。化学事業の利益改善に加え、石油・ガス生産事業の損失縮小や資金調達コストの低下が寄与した。

  上海証券取引所への27日の届け出によると、純利益は279億元(約4600億円)と、半期としては2014年上期以来の高水準となり、市場予想の255億元(ブルームバーグが集計したアナリスト3人の予想平均)も上回った。売上高は33%増の1兆1700億元。

  同社は1株当たり0.10元の中間配当を発表。ブルームバーグの予想は0.11元だった。

原題:Sinopec Rides Chemicals to Best Half-Year Profit Since 2014 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE