ダブルライン、もう一人のジェフリーはナイスガイ-成績も好調

ダブルライン・キャピタルの共同創業者で最高投資責任者(CIO)、そして債券の神様でもあるジェフリー・ガンドラック氏を凌駕するのは容易なことではない。しかし同氏の副官であるジェフリー・シャーマン氏はなかなかよくやっている。

ジェフリー・シャーマン氏

ソース:DoubleLine

  副CIOのシャーマン氏はダブルライン最大の株式ファンドの顔だ。同氏がガンドラック氏とともに運用するダブルライン・シラー・エンハンスト・CAPEファンドはこのところの資金流入が同社最大で、2013年終盤以降、S&P500種株価指数のパフォーマンスを上回っている。株式自体は保有せず、指数の中で過小評価されている業界を投資先として債券とデリバティブを購入する。

  8月23日までの3年間の平均成績はプラス14%、ブルームバーグがモニターしている大型・バリュー株ファンドの99%を上回る。ガンドラック氏が運用するダブルラインの旗艦債券ファンドは同期間の平均成績がプラス3.2%で同種ファンドの86%を上回った。

 

  ガンドラック氏は気にしない。メディアや競合他社、調査会社モーニングスターへの対決姿勢をむき出しにする同氏だがシャーマン氏のことはほめる。今月のブルームバーグとのインタビューで、「皆が『ガンドラックは何を考えているんだ』と言ったものだ」が、「今は『シャーマン、君はどう思う』と聞く。これは素晴らしい」と話した。

 

 短気で「陽」のガンドラック氏に対し、シャーマン氏はおおらかな「陰」だ。ウェスタン・インターナショナル・セキュリティーズで2010年からダブルラインのファンドに投資しているナジー・アランキ氏は「ガンドラック氏はとても押しが強い。何もかも知っているかのように自信満々で話す。シャーマン氏はもう少し謙虚で、感じがいい」と話した。

  ガンドラック氏もシャーマン氏の方が親しみやすい人柄であることを認める。「私よりもシャーマン氏の方が好かれている。それは素晴らしいことだ」とガンドラック氏はブルームバーグに語った。

原題:DoubleLine’s Other Jeffrey Shines as Gundlach Bond Fund Shrinks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE